和歌山県中小企業団体中央会 和歌山県6次産業化サポートセンター

お問い合わせ 073-488-5830

和歌山県6次産業化サポートセンター

6次産業化ネットワーク活動交付金とは

農山漁村の所得や雇用の拡大、地域活力の向上を図るため、農林漁業者と多様な業種の事業者が参画した6次産業化ネットワークを構築して取り組む新商品開発や販路開拓、農林水産物の加工・販売施設の整備等を支援します

6次産業化の面的拡大につながる地域の取り組みを支援するため、都道府県に対して交付金を交付し、多様な事業者との連携促進、取り組みに必要な施設等の整備に対する支援をするものです

推進(ソフト)事業(ネットワーク活動交付金)

農林漁業者と食品事業者、流通業者、観光業者、輸出業者、学校、病院、JA等が参画する6次産業化ネットワーク構築に向けての取り組みを支援する事業です

交付率:1/3以内
※市町村の6次産業化戦略・構想に沿って市町村が地域ぐるみで6次産業化の取り組みを行う場合は、1/2以内

助成を受けるためには、次の採択基準を満たす必要があります

  • 多様な事業者が連携(事業実施主体を含む3者以上)するネットワークを構築しているまたは構築する見込みであること

対象となる事業内容は?

  • 推進会議の開催

    県域内の農林漁業者と多様な業種の事業者が参画して、ネットワークの構築やネットワークの下での6次産業化の推進事業について検討する会議を行う
  • プロジェクト調査・検討

    具体的なプロジェクトの計画作成等に必要な事例調査や取組計画、工程表を策定する取り組みを実施する
  • プロジェクトリーダーの育成

    プロジェクトの円滑な実施に向けて、プロジェクトマネジメント等に関する知識・技術を取得するため、ビジネス講座に人材を派遣し、プロジェクトリーダーを育成する
  • 新商品開発・販路開拓の実施

    消費者等の需要に即した新商品開発に必要となる試作の実施や、パッケージデザイン開発などのサービス等を行う(3回を限度として試作品の改良や分析が出来る)
    また、開発された商品の販路開拓のために商談会等への出展やパンフレットの作成を行う

整備(ハード)事業(ネットワーク活動交付金)

6次産業化ネットワークの取り組みに必要となる大規模な加工施設・機械等の整備に対する支援です

交付率:3/10以内(補助の上限1億円 融資確保が要件)
※市町村の6次産業化戦略・構想に沿って、市町村が地域ぐるみで6次産業化の取り組みを行う場合は、1/2以内

助成を受けるためには、次の採択基準を満たす必要があります

  • 事業規模(総事業費)が1億円以上である事業を実施する場合は、原則として事業実施主体が5年以上の経営経験を有していること
  • 多様な事業者が連携するネットワークを構築している
    または構築する見込みであること
  • ネットワーク構成員に法認定を受けた方、もしくは受ける見込みの方が含まれていること
  • 新商品の原材料となる農林水産物を、自ら(連携先も含めて)50%以上生産していること

対象となる事業内容は

  • 農林水産物等の加工・流通・販売等の為に必要な施設

    農林水産物等の集出荷施設、処理加工のための施設、高付加価値化、地域の生産・加工との連携を図る総合的な販売施設・地域食材提供施設等、および付帯施設
  • 農林水産物等の生産のために必要な施設等(上記と併せて実施する場合)

    簡易土地基盤整備、農業用水のための施設、営農飲雑用水のための施設、乾燥調整貯蔵のための施設、育苗のために必要な施設、および付帯施設
  • 食品等の加工・販売のために必要な施設

    農林漁業団体等と連携する中小企業者が行う食品等の加工・販売のために整備する施設、および付帯施設