トップへ
一口にCM(コンストラクション・マネジメント)と言っても様々なパターンが存在します。
発注者様のご希望に応じて最も適切な方法をお選び頂くことができます。
ここでは従来からの設計施工一貫方式とあわせてご紹介します。

●設計施工一貫方式
設計施工一貫方式
▲従来からある方法で、設計・施工の全てを管理します。
この方法は、発注者に直接対応するため、「見積りが不透明」「工事費を抑えると品質が低下する」といった問題点は解消されます。つまり価格と品質の適性なバランスが成り立ちます。

●CM方式
 純粋CM/PM方式
純粋CM/PM方式
▲CM方式の1つ。コンストラクションマネージャー、設計者、専門工事会社がそれぞれ発注者と直接つながっています。ですから、完成度の高い設計図面 が必要になります。ここでは「要求した期間や予算で設計してくれない。」「企画やコスト管理が人まかせ」「メンテナンスの問題」等が解消されます。

 CM―GC方式
CM―GC方式 ▲コンストラクションマネージャーが純粋CM/PM方式に加え、入札から完成までの工程を管理します。資材調達や工事方法まで一元管理しますので「無駄」をふせぎ、「見積」通りの工事を行う事ができます。つまり、納得のコストダウン、価格が実現します。

 設計CM方式
設計CM方式
▲設計者がコンストラクションマネージャーをかねる事により建設にかかれるすべての責任を一元管理します。極めて透明性が高く、「期間予算の管理」「見積りの正確さ」「資材調達・工事方法の無駄 解消」「企画、コスト管理の自由性」「メンテナンス」「工事費の圧縮による品質低下の防止」等、多くの問題を解決する事ができます。建設工事を行う上で最も理想的な手法だと言えます。
 BACK