紀州漆器の里から うるわし漆

紀州漆器の町「黒江」

黒江の街並み探訪

このアイコンをクリックすると詳細をご覧になれます】

紀州漆器の里 黒江の町並みマップ

黒江の町並みは、延長 230m幅約12mの川端通り周辺に、昔の漆器職人たちの住居兼職場や問屋が通りに面してノコギリの歯のように規則正しく並び、古風で素朴な落ち着いた風情を醸し出し、独特の景観をなしています。

【うるわし館】

【うるわし館】

漆器の展示即売コーナーでは紀州漆器独特の根来塗りの製品からアクセサリー類まで様々な漆器製品を購入できます。なかでも、展示用に制作されたジャンボ漆器製品にはびっくりさせられます。
毎週土・日曜日には漆器蒔絵体験や伝統工芸士らの実演も行われ、また紀州漆器づくりの技術を紹介するビデオも鑑賞できます。

入館料 無料
開館時間 10:00~16:30
休館日 お盆・年末・年始
TEL 073-482-0322

【黒江ぬりもの館】

【黒江ぬりもの館】

江戸時代の塗師の家を使った情緒あるたたずまいの漆器直売の店で、優れた工芸漆器から日常使うぬりものまでが数多くそろっていて、直接手にふれて気軽に選べる楽しさがあります。また、黒江の町の様子やぬりものの歴史などの情報に触れることができます。

開店時間 10:00~16:30
休業日 水曜日、8/15・16、12/30~1/5
TEL 073-482-5321

【のこぎり歯の町並み】

【のこぎり歯の町並み】

昔の漆器職人の作業場や蔵が道路に面して一定の角度をもって建っているため「のこぎり歯」のような形状になっていて、また「紀州連子格子」や漆喰の真壁、切り妻の低い家が並び、昔の面影を残しています。

【中言神社】

【中言神社】

紀州名水のひとつ「黒牛の水」が境内に湧き出る中言神社。万葉の昔、中言神社が建っている山のふもとまで海が入り込んでいて、黒牛の姿をした岩があったため黒牛潟と呼ばれていました。万葉集には黒牛潟を詠んだ歌があります。

【浄国寺】

【浄国寺】

「黒江のごぼうさん」として親しまれる由緒あるお寺。黒江の職人たちによって塗られた本堂内陣の床、天井の絵、浄土真宗最古の借景枯山水庭園にある紀州の青石、蓬莱山をかたどった築山、江戸時代の書画の達人、祇園南海の襖絵など、厳かで格調高い趣があります。

TEL 073-482-1293

【中西工芸 器楽や(きらくや)】

【中西工芸器楽や(きらくや)】

個人の家を漆工芸品の博物館として開放していて、伝統的な漆器と現代的な漆器が東洋的ムードをただよわせています。椀、盆、文庫、衝立、屏風、漆額など暮らしに潤いと彩りを添える塗物が展示されています。

入館料 無料
開館時間 10:00~16:00
休館日 年中無休
TEL 073-483-4005

【温故伝承館】

【温故伝承館】

昔の酒蔵を使った酒作り等の資料館で、江戸時代の酒造りの方法と道具や商いの記録が展示されています。 酒造りの道具でデザインされた休憩所(黒牛茶屋)には酒・奈良漬け・味噌等のおみやげコーナーがあり、紀州名水の「黒牛の水」で醸造されたお酒の利き酒ができます。

入館料 大人 400円
(10名以上1人350円)
休館日 元旦
TEL 073-482-1115

【尾崎家(登録文化財指定)】

【尾崎家(登録文化財指定)】

紀州徳川家の地士として伊勢国大杉山奉行、有田川普請奉行、海士郡代官等を勤めた家柄で、座敷は江戸中期の建物である。

【池原家(登録文化財指定)】

【池原家(登録文化財指定)】

代々続く漆器店。築200年の家屋を一部展示室として開放し、こだわりの品々を展示。

【黒牛茶屋】

【黒牛茶屋】

酒樽の椅子に、酒袋の座布団と酒作りの道具を利用した内装がおもしろい。店内では利き酒もでき、販売もしています。

開店時間 10:00~18:00
TEL 073-482-1115

【川端通り】

【川端通り】

黒江の主要道路・川端通りには「紀州漆器伝統産業会館」 や「温故伝承館」などの施設が点在し、毎年恒例の紀州漆器まつりや下駄市では、この通りの両端にたくさんの店が立ち並び、大勢の人で賑わいます。

上に戻る